石川県加賀市がIoTを活用した除雪車運行システムを採用

2019.01.18

北菱電興株式会社
日本マイクロソフト株式会社

 tile-KAGA CITY 01.jpg

 

リアルタイムでの除雪車運行状況把握と報告の自動化が可能に

 北菱電興株式会社(本社:石川県金沢市、代表取締役社長:小倉 一郎)および日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長:平野 拓也)は、石川県加賀市(市長:宮本 陸)が、マイクロソフトのクラウドプラットフォームMicrosoft Azureを活用した北菱電興の除雪車運行システム「スノプロアイ」を採用したことを発表します。加賀市は、本システム導入により、除雪車の運行管理をIoT化することで、リアルタイムでの運行状況把握や報告書管理の効率化を図ります。さらに、加賀市では、運用負担の軽減や季節変動の大きい負荷への対応も可能になるとともに、関連費用の削減も期待しています。

 加賀市では、AIやIoTなどを軸としたIT人材育成に積極的に取り組むとともに、行政における最先端テクノロジの活用を進めています。その一環として、大雪の場合でも効率的に除雪車を運行することで、住民サービスの質を保つために、IoTを活用した除雪車運行システムの導入を決定しました。

 今回の導入により、市の職員は、各除雪車の現在の位置や除雪が済んだ場所が、分かりやすく地図上で可視化され、リアルタイムで把握することが可能になりました。また、同時に各除雪車のカメラで撮影した道路状況を市役所から確認することできるため、市民からの問い合わせにも即座に応えられるようになります。

 また、除雪作業終了後に提出する報告書作成プロセスおよび除雪費用の計算も大幅に自動化され、運用負担の大幅な軽減と負荷変動へのきめ細かい対応が可能になり、除雪作業に関わる費用も削減することが期待されます。

「スノプロアイ」では、Azure IoT Hub やサーバーレス機能であるAzure Functionsを活用することで、多様なデバイスをサポートし、セキュリティを担保しつつデータの管理を簡略化しています。また、Azure の PaaS 機能をフルに活用することで、 運用負担の大幅な軽減と、季節や積雪量により変動するシステム負荷へのきめ細かい対応が可能になっています。

 今後、加賀市では、除雪作業を最適化するため、蓄積された気象データと作業実績データの分析機能の提供が計画されている他、Microsoft Cognitive Services を活用した画像解析によって降雪強度を判断することも検討中です。

 

マイクロソフト 本事例サイト
https://customers.microsoft.com/ja-jp/story/kaga-city-gov-azure-jp-japan

マイクロソフト プレスリリースサイト
https://news.microsoft.com/ja-jp/

以上