北菱電興株式会社

INTERVIEW - 05

開発者としての
プライドを持って
業務に取り組みたい

技術開発事業部 開発部 開発企画グループ 開発二課 (2016年入社)

開発

北菱電興に入社した理由は?

私は大学時代、鋼板のリサイクル⽅法について強度の⾯から有効性があるかの研究をしていました。ものを作ることに興味があり、就職活動は石川県内の企業に絞り、何かしらの開発業務に関わりたいと考え、そういったことができるような企業を探していました。その中で北菱電興の会社説明を聞いて、福利厚⽣が充実していること、新たなことにチャレンジしている企業であることを知り、⾃分のしたいことが出来そうだなと感じ、⼊社を決めました。また、総務の⽅々がとても丁寧に対応してくださったことや会社内の雰囲気の良さも決め⼿となりました。

今の所属部署はどのような業務をする部署ですか?

開発部は、産業機器を中⼼とした製品の設計開発、評価及び量産化を⾏っております。新しい製品の企画にも⼒を⼊れており、様々な⽅⾯に対してアンテナを張り、市場の動向に注目しております。現在、私は組み込み系ソフトウェアの開発をメインで⾏っております。大学で学んできた分野ではなく勉強の日々ですが、先輩⽅のフォローもあり、業務を⾏えています。日々の業務で⼼がけていることは、わからないことをそのままにしておかないということです。開発者としてわからないことは調べ、知識を増やすようにしています。また、上司に相談しながら仕事を進めるようにしています。

これから取り組みたい・目指したいこと

現在、組み込み系のソフトウェアの開発をメインで⾏っておりますが、更なる能⼒向上はもちろんのこと、組み込み系のソフトウェア以外にもアプリ系、Web系など様々なソフトウェアの開発が⾏えるソフトウェアの技術者を目指しています。また、ソフトウェアの開発に限らずCADで図⾯を描き量産化へつなげる機械設計、回路図を描いて試作を作製し評価を⾏う電気設計ができるような技術を身につけ、マルチに活躍できるような⼈材になれるよう日々精進していきたいと考えております。

未来へのチャレンジ

3年後の成⻑イメージ

 彼にはいくつかの製品開発プロジェクトに参画してもらっていますが、まだまだ受⾝の姿勢が⾒られます。かと⾔って⾃分の意⾒を持っていないということではなく、聞き出せば独創的な意⾒もしばしば聞かれ、驚かされることも多々あります。今はまだ吸収をしている段階かもしれませんが、今後はソフトウェアだけでなくいろいろな知識を⾝につけ、経験を積み重ね、⾃分から発信することも意識していけばシステム全体を任せられる人材になると確信しています。まずは将来のビジョンを明確にし、突き進んでいってほしいと思います。

技術開発事業部 開発部 技術グループ 技術一課 課長

PAGE TOP