北菱電興株式会社

WOMAN POWER - 01

まだまだ変わり続け、
進み続けていく

管理本部 副本部長  人事部長  広報室長 (1994年入社)

高橋 仁美

北菱電興に入社した理由は?

バブル崩壊後で、⽂系の大卒⼥⼦は資料さえも貰えない事があった中で、学歴学部男女問わず会社訪問ウェルカムといってくれたのが北菱電興でした。更に、新卒採⽤業務で学⽣の対応をしていたのが春に⼊社したばかりの⼥性社員だったので、この会社でなら⾊んな仕事に携わるチャンスがあると感じました。
面接で正直に「やりたい仕事はまだ分からない。⼊社後は選り好みせず⾊んな仕事に挑戦していきたい」と話したら、「学⽣の間は実際の仕事の事は分からなくて当然。⼊社してから頑張ってもらえばよい」と⾔われて、無理に⾃分を作らなくても認めてもらえたと感じ⼊社を決めました。

今の所属部署はどのような業務をする部署ですか?

管理本部の総務部⻑というポジションで、総務業務全般と、⼈事採⽤、教育関係、広報関係の仕事に携わっています。
商社部門に所属していた時に会社の組織・制度を改⾰するプロジェクトメンバーに抜擢され、その後総務に異動となり現在に⾄ります。⼥性社員や中途採⽤者の登⽤、⼈事考課や役職制度などを大きく変える仕事に携わってきました。現在も社員教育や採⽤などの⼈事の仕事の比重が高いのですが、会社の新しい取組が増える中で広報の仕事をもっと強化しなければいけないと感じています。

管理職として意識していること

管理職だからこそ、わからないことは分からないと正直にいう、⾃分が間違っていたら謝る、何かしてもらったらお礼を⾔う、部下の話を聞く時は仕事の⼿を⽌めてきちんと顔を⾒る、ということを心がけています。どんなに忙しそうにしていても、⾃分が席にいる時はいつでも声をかけてOKと部下に伝えています。
仕事の取組姿勢として、「仕事の本来の目的と目指す姿」に向かってブレずに進むことと、その事を周囲にも伝えて共有することを常に意識しています。

印象に残っている仕事は?

社の人事考課、給与、役職などの制度改革と構築に携わってきました。社内制度を劇的に変えることに反対意見もありましたが、社員の評価が年齢や性別に左右されない会社にしたいという強い思いがありました。会社の未来と社員の成長を信じて進んできましたが、まだ道半ばです。
今後も熱い気持ちを忘れず、俯瞰的に物事を見ることも意識しながら進んでいきたいと思っています。

WOMAN POWERHOKURYOの女性

管理本部 高橋 仁美

技術開発事業部 宮越 祐子

総務部 西田 夏美

空調部 金森 梓

PAGE TOP