施工管理。
田中 洋輔

第二工事部 工事一課 (2012年入社)
工学部 電気電子工学科卒業

新築から改修まで、工事の進捗に合わせてモノと人を手配・調整する。

施工管理の仕事を一言で言うと「モノと人の手配と調整」です。新築、あるいは既設の建物の空調や給排水衛生設備関連の設備工事を、建築工事の進捗に合わせてスムーズに行えるよう段取りを組みます。具体的には、営業部門から来た物件について図面を検討し、機器や部材を選定して配管の施工図面を描いていきます。現場では、建築業者や施工スタッフとの綿密な打ち合わせが欠かせません。工程がうまく流れるように、全体を見渡しながら管理・調整していくには、ある程度の経験とコミュニケーション能力が必要だと思います。

現場全体の流れを見渡し、臨機応変に対応しながら工事完了に導く。

CADを使って施工図面を作成するのも大変ですが、やはり現場での管理・調整が一番難しいところ。例えば、悪天候によって建築工事の進捗が遅れたりした場合には、こちらの予定や計画も見直して臨機応変に的確な指示を出す必要があります。もともと人と話すのが好きなので、お客様をはじめ、さまざまな業種の人や施工スタッフとコミュニケーションをとりながら、楽しく仕事に励んでいます。
工事が完了すると、騒音計や熱線風速計などの検査機器を用いて取り付けた設備のチェックを行い、お客様に引き渡します。お客様から「よくやってくれた」とねぎらいの言葉をいただけると、それまでの苦労も吹き飛びます。今は小規模物件を任されていますが、ゆくゆくは大規模な物件も一人で担当できるよう、スキルアップをめざして日々勉強を重ねていきたいですね。

施工管理における「モノと人の手配と調整」のうち、人の手配が大きなウェイトを占めています。言い換えれば、あらゆる関係者とうまく調整を図るのが、この仕事の一番難しいところ。田中は、それに長けており、それを楽しみながらやっています。そんな彼の「人間力」が、現場関係者に好影響を与え、工事がスムーズに進行するとともに、作業品質の向上につながっていると思います。
これからも、第二工事部のムードメーカーとして、社内に好影響を振りまいてほしいですね。さらに後輩たちにも、北菱電興の良き社風を伝えていってくれることを期待しています。

第二工事部 次長  徳野 晶誉志